説教『牧者イエス』牧師 若月健悟

2020年9月20日(日)敬老祝福日・聖霊降臨節第17主日礼拝説教要旨

《聖書》ペトロの手紙一 2章19~25節

【はじめに】

 イエスさまが最初の弟子として選ばれたのは、ガリラヤの漁師ペトロさんです。ペトロさんについてのまとまった情報は、新約聖書では、3つに分けて配置されています。

 最初に、マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネの4つの福音書を通して、ペトロさんが弟子として召され、イエスさまの十字架と復活の目撃者となるまでが物語られています。若い日のペトロさんを伝えています。

 次は、使徒言行録です。使徒言行録の前半分は、イエスさまの召天後、ペトロさんが使徒として伝道する姿を物語ります。ペトロさんは、エルサレムで行われた最初の使徒会議で、ユダヤ人伝道から異邦人伝道へと歩み出すことにこそ神の御子イエスさまの御心があり、父なる神さまの救いの御計画である、と力強く宣言しました。この使徒会議によって、異邦人伝道が公に承認され、異邦人伝道がペトロさんからパウロ先生へとバトンタッチされたことを物語るのです。ペトロさんの視野が広がっていく力強い壮年時代を伝えているのです。

 最後は、新約聖書の終りの方に置かれた、ペトロの手紙一と二の2通の手紙です。ペトロさんの晩年の信仰をとても良く表しています。ペトロさんはローマで殉教しますが、イエスさまから召命を受けて伝道者として歩み続けた思いが凝縮されています。十字架と復活の主イエスさまを証しするために歩み続けた日々は苦難に満ちた歳月でした。ですが、苦しみ多い日々も、十字架と復活の主イエスさまと一緒に歩み続けた人生であるゆえに祝福に満たされていたことを証しするのです。とても深い慰めに満ちています。

【召し使いということ】

 では、晩年を迎えたペトロさんの信仰をみてまいりましょう。

 その手がかりが、「召し使いたちへの勧め」と小見出しがつけられた、2章18~25節の御言葉にあります。聖書日課に従って18節の召し使いへの呼びかけは外してあります。18節を外しますと、全ての人に通じる内容であることが分かるからです。

 とはいっても、18節「召し使いたち」との呼びかけから始まる御言葉はとても気になります。「召し使い」は、ここでは「奴隷」という身分として用いられているからです。

 それで、この手紙が殉教を遂げたローマで書かれたことを念頭に置いて読んでいて気づかされることは、ローマ教会とその家庭集会には、主人と一緒に召し使いが同席していたことです。ローマの信徒への手紙16章は、ローマ教会に召し使いが属していたことを伝えています。「召し使い」つまり奴隷というのは、ローマ軍と戦争をして破れた国の人々のことです。奴隷の中には、身分の高い人、知識人、さまざまな職種の人々がいました。つまり、奴隷には、主人の子どもに教育する人、病気をいやす医者、経理に詳しい人や芸術家など、さまざまな人がいたことです。その人たちが教会では、十字架と復活の主イエスさまの御前に差別なく皆ひとつであることを知り、信じたことです。身分は容易に解かれることはありませんでしたが、教会の信仰においては、皆自由であったのです。

 このことを背景にペトロさんの手紙を読んでまいりますと、召し使いがペトロさんの御言葉に深い慰めと希望をもって信仰生活を送り続けたことが理解できるのです。事実、時間の経過とともにペトロさんの手紙は、教会が存在する地域では、広く読み続けられたことです。

【今から生きるために】

 ペトロさんの勧めは明快です。

 罪を犯して刑罰として打ちたたかれても何の誉にもならないことです。ですが、善を行って苦しみを受け、それを耐え忍ぶなら神さまの御心に適うことになるのです。なぜなら、正しく真実であると信じて行ったことが、苦しみを受ける原因になったとしても、その苦しみは、神さまの御心に適うこと、つまり、神さまの栄光を証しすることになるからです。

 人はどうして信仰を持つのでしょうか。それは、今を耐え忍んでいるぎりぎりの心の苦しみや体の痛みから解き放たれ、心も体も楽になりたいためです。それが、動機となって信仰生活に入っても何の支障もありません。心の苦しみも、体の痛みも、1人の人間の中では深く結び合っています。ですから、その苦しみ痛みから解き放たれたなら、どれほど安らかに過すことができるかと思うのです。信仰は、毎日の生活から切り離すことができないのです。

 では、それだけが信仰の目的であるのかといいますと、そうではないのです。もう1つ大切なことがあるのです。それは、神さまの栄光を現すことです。人の苦しみを通して、その人の忍耐強さが信仰に基づいていると誰かが気付いてくれたならどうでしょう。苦しむ人を信仰へと導かれた神さまの御救いを理解し、神さまを信じてみたいという思いへと変えられたならば、それこそ神さまの栄光がたたえられることになるのです。

 わたしたちは、その真実を神の御子イエスさまに見るのです。この世のいかなる法の裁きにおいても罪を認められなかったイエスさまです。イエスさまは、十字架こそ父なる神さまの御心であることを証しされたのです。それは、イエスさまの復活により明らかになりました。罪からの救いの御計画が神さまの御心であり、それを実現されたのが御子イエスさまの十字架と復活であったからです。それをいち早く信じたのがペトロさんなのです。神さまの栄光は、こうして御子イエスにより実現され、それを信じる全てのクリスチャンにより証しされたのです。その信仰は今を生き、これからも生き続けるために受け継がれていくのです。

【その傷によって】

 ペトロさんは、若い日に、イエスさまの十字架につまずき、「あなたがたの言っているそんな人は知らない」と、3度もイエスさまとの関係を否定したのです。悔いても悔いても心休まる日はなかったかと思います。その深い罪の痛みから解き放たれ、罪の奴隷から自由になったのです。復活の主イエスさまに出会い、罪が赦されたことを深く味わったのです。ペトロさんの罪の赦しの体験は、信仰の源となりました。それは、イザヤ書53章5節の御言葉が実現されたことを身をもって味わったことでした。

 「彼の受けた懲らしめによって

  わたしたちに平和が与えられ

  彼の受けた傷によって、

  わたしたちはいやされた。」

 この御言葉は、罪の裁きが罪の赦しへと大転換することを物語っています。手紙の24節は、その御言葉の真実を証しするのです。

 「そして、十字架にかかって、自らその身にわたしたちの罪を担ってくださいました。わ

  たしたちが、罪に対して死んで、義によって生きるようになるためです。そのお受けに

  なった傷によって、あなた方がたはいやされました。」

【牧者イエスさまの御許に】

 罪深く、さまよい歩んできた人生が、光の下に導き出され、生きる希望が与えられたのです。ペトロさんもその1人です。御子イエスさまの十字架と復活は、ペトロさんを始め、信じる人全てに生きる希望の道しるべとなったのです。それは、心苦しみ、体の痛みに耐えながら真実に生きることの励ましとなり勇気を与え続けているのです。天に召される日まで、クリスチャンは地上の営みを歩み続けます。御子イエスさまは、聖霊の御業を通して「今は、魂の牧者」「監督者」として、内なる促しをもって生きる道を指し示しておられるのです。

 確かに、〝羊のようにさまよう日が終わった〟というには、現実はあまりにも厳しいものです。なお、恐れがあり、不安がつきまといます。ましてや年を取り、心と体に痛みが増し加われば、恐れも不安も深まるばかりです。

 ですが、ペトロさんの御言葉に耳を傾け、心を開きましょう。

「あなたがたは羊のようにさまよっていましたが、今は、魂の牧者であり、監督者である方

 のところへ戻って来たのです。」

 今から先は、ただ牧者であり監督者であるイエスさまの御導きのままに御後に従うだけです。教会がその見えるしるしであることをいつも思い起こし、信じてご一緒に歩み続けてまいりましょう。

4回の閲覧

最新記事

すべて表示

説教『涙涸れる日』牧師 若月健悟

2020年10月25日(日)降誕前第9主日礼拝説教要旨 《聖書》ヨハネの黙示録21章1~4節 【はじめに】 聖書の最後に付録として『聖書地図』が掲載されています。その地図の8番目の地図をご覧ください。「8 パウロの宣教旅行 2,3」です。地図の左上の海岸沿いにエフェソ、ミレトスという町の名前があります。この町から少し左斜め下の海、地中海にはたくさんの小さな島があります。あまりに小さな島々なので地図

次週の集会(2020年11月1日~)

こどもの教会 11月1日(日)10:30 大人と一緒の礼拝です(前半)。 お話・若月健悟牧師 こどもプログラム・池田正幸兄 召天者記念日・降誕前第8主日礼拝 11月1日(日)10:30 礼拝前に、ご遺族には、遺影に献花をしていただきます。10:00~10:25の間に献花 をお願いいたします。 説教『永遠なるもの』若月健悟牧師 司式 石橋教弘兄 奏楽 光岡節子姉 召天者追悼の祈り 招詞 創世記6

今週の集会(2020年10月25日~)

こどもの教会 10月25日(日)10:30 大人と一緒の礼拝(前半)。お話・若月健悟牧師 こど もプログラム・光岡節子姉 降誕前第9主日礼拝 10月25日(日)10:30 説教 『涙涸れる日』若月健悟牧師 司式  池田正幸兄 奏楽  光岡節子姉 誕生日祝福の祈り 招詞  創世記6章5~6節 聖書  創世記6章1~8節(お話聖句) ヨハネの黙示録21章1~4節(説教聖句) 賛美歌   こども12

Call

牧師携帯

: 090-4703-0950 

教会電話&FAX

: 0297-47-0207

Contact

moriyakyoukai

@jcom.zaq.ne.jp

Address

茨城県守谷市薬師台7-17-20

© 2023 by moriyachurch
Proudly created with
Wix.com
 

日本キリスト教団 守谷教会

守谷教会は統一教会、ものみの塔、モルモン教等とは一切関係ございません。